営業ノウハウ

女性が営業成績で突き抜ける発声方法と話し方

営業において、話し方や声色によって相手への説得力が変わる場面は少なくありません。女性が営業をする場合、一般的なサービスや商材であれば落ち着いて話をすることで相手に好印象を与えられることが少なくないのですが、同じような対応をしているつもりでも相手に「この人の対応はそっけないな」と思われることがあります。女性が営業をする際に相手が感じるネガティブな印象の多くは「冷たい」「そっけない」「失礼だな(態度が大きい)」といったものが多く、そう思われない対応が必要になってきます。また、お客様に対してネガティブな印象を与えないだけでなく、好印象を与えることができれば営業成績は伸びていくことでしょう。ここでは女性のセールスパーソンが営業成績で突き抜ける発声方法のポイントを紹介していきます。女性のセールスパーソンだけでなく、女性のセールスパーソンをマネジメントする人にとっても必見の内容です。
 
<女性が営業成績で突き抜ける発声方法と話し方①語尾上げを意識する>

女性が営業成績で突き抜ける発声方法と話し方の1つ目は、語尾上げを意識することです。
女性の中で声が高い人、低い人、様々な声質の人がいますが、語尾を下げることでそっけなく聞こえることが少なくありません。もちろんすべての場面で語尾上げをすれば良いというわけではありませんが、女性の場合は話し言葉のすべてが語尾下げになると「事務的な対応をされた」と言われることが多くなる傾向になります。声のトーンや抑揚が同じでも、語尾上げを意識するだけで、だいぶ丁寧な印象に変わりますので、よく「そっけない」「事務的」「冷たい」と言われる人はこの点を改善すると、相手方の対応やこちらへの印象が大きく変わることになるでしょう。
語尾上げを意識する際に、文章の最後の文字を「ね」にすると、語尾を上げやすくなります。例えば「そうですか」と言うよりも「そうなんですね」と伝えた方が、語尾が上がりこちらへの親しみやすさが増すこととなります。
 
<女性が営業成績で突き抜ける発声方法と話し方②笑顔を意識する(発声時に口角を上げる)>

女性が営業成績で突き抜ける発声方法と話し方の2つ目は、笑顔を意識することです。個人差はあるものの、全体的に男性よりも女性の方が親身で相手に寄り添った対応ができる印象が強い傾向にあります。それは体格や母性によるものかもしれません。例えば高身長でガタイの良い、声の低い男性は立っているだけで威圧感を感じる場合が少なくありませんが、女性にはこのような威圧感があるような場面はほとんどないでしょう。
営業をする際に笑声(えごえ)といって、笑顔で話すことを意識することで、たとえ電話で顔が見えなくても、相手に笑顔で爽やかな印象が伝わります。もちろん対面であれば、笑顔との相乗効果で相手の印象はグッと良くなることでしょう。
笑顔になっているかどうか、手鏡やスマホなどで毎回確認をする習慣づけをすると、自然と笑顔になっている時間が長くなっていきます。
 
<女性が営業成績で突き抜ける発声方法と話し方③高音と低音の幅を広く持つ>

女性が営業成績で突き抜ける発声方法と話し方の3つ目は、高音と低音の幅を広く持つことです。例えば普段声が高めの人が、少し低めの声色で話をすると、真面目で深刻そうな印象を与えることができますし、普段声が低めの人が少し高めの声色で話をすると、乗り気でテンションが上がっている印象を与えることがあります。もちろん普段はいつもしゃべっている声のトーンで話をするのですが、声のトーンを使い分けることで、話の内容ではなく声のトーンでこちらの考えや、説明に対してのニュアンスを伝えることができます。声色で伝えると、文章で伝える以上に説得力が出てくることが少なくありません。
例えば、大丈夫だというニュアンスを伝えるのに「大丈夫です」という日本語で伝えるよりも、明るく声のトーンを上げて「はい」と一言伝えた方が、相手が安心しやすくなる場合が少なくないのです。声のトーンの幅を広げることで、文章では伝えることができないニュアンスまで伝えることができますので、身に着けるのにお勧めのスキルになります。
一人でいる時に(お風呂の中など)、自分が普段出さない声色でしゃべってみると、「自分はこんな声色も持っているのか」と気付くことができます。あとは実践で使ってみるだけです。普段とちょっと声色を変えるだけで、話を聞く体制が変わることが少なくないので、是非試してみてください。
 
<まとめ>
発声方法や話し方でお客様への印象が大きく変わることが少なくありません。そしてそれが営業成績に良い意味でも悪い意味でも繋がっていきます。ここで紹介した発声法や話し方のスキルは営業だけではなく、日常生活でも役に立つものが多く、そのスキルを修得すれば「変わったね」「魅力的になったね」と言われることも出てくるかもしれません。
ここで紹介した内容を元に、今一度話し方や発声方法を見直してみましょう。

関連記事

  1. クレームを受けた時の対処法は?4つのポイント
  2. 営業をする時にモチベーションを上げる方法5選
  3. 【世界一の営業マンが語る】これからの時代に必要な人材とは
  4. 【アポ放題】唐沢りんさん出演!最新WEB動画!!撮影の裏側レポー…
  5. これからのテレアポ業界は携帯でかけ放題?
  6. 【面白いほど成果が出る】簡単に紹介をもらう方法とは? 第1弾
  7. 営業部中堅社員の悩み―営業に慣れてきた人がハマる落とし穴3選と落…
  8. 【明日からやらなくていい作業】テレアポは喋る以外の仕事が多すぎる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

営業支援システム

新着記事

世論調査

人は何処からきて何処へ行くのか?(1) 「新型コロナウイルス」による休校対策について世論調査を行いました。 「新型コロナウイルス」に対する政府の対応についての世論調査を実施しました シニアに聞いたキャッシュレス決済について 【東京オリンピック】マラソン・競歩競技の開催地変更について1000人に意識調査してみました。

営業・集客ノウハウ

男性が営業で突き抜ける発声方法 女性が営業成績で突き抜ける発声方法と話し方 セールスパーソンの教育法-営業未経験者をトップセールスにする教育方法4選 営業部中堅社員の悩み―営業に慣れてきた人がハマる落とし穴3選と落とし穴への対処法 営業部における部下への接し方-営業組織をマネジメントする時に気をつけたいこと3選

Facebook

PAGE TOP