モズスタッフ

織田信長が気づいた、選択の法則

こんにちは、モズエンタープライズの中村です。

 

今回は、少し頭の体操をしてもらおうかと思います。

ビジネスにもつながるので、是非やってみてください。

 

ここに、4枚のカードがあります。

私が1枚だけ「ウラ」にマークを描きます。

マークが書いてあるカードを選ぶゲームです。

見た目は同じA・B・C・Dのカードから、あなたが勘で、どれか1枚選択します。

 

例えば、あなたが、Aのカードを選択したとします。

 

そこで、私が「はずれ」とわかっている、CとDのカードをオープンします。

「あたり」は、AかBになりますね。

 

そこで、あなたはもう一度、AかBか選択しなおす権利があります。

あなたならどうしますか?

最初に選んだAのままにするか。

Bに変更するか。

確率は50%です。

 

ここには、明確な法則があることに気づきますか?

正解は、下のほうに書きますので、少し考えてみてください。

ちなみに織田信長は、分かったそうです。

正解は、「Bに変更したほうが、あたりの確率が高い」です。

AとBに絞り込まれた時点で、確率が50%というのはウソです。

Bがあたりの確率は75%あります。

 

ここまで読めば理屈がわかりましたか?

 

4枚の内から1枚を選択した時点であたりの確率は、25%です。

選択していない3枚の中にあたりが入っている確率は75%です。

ここから「はずれ」だとわかっている2枚を外すので、残った1枚が

あたりの確率は75%となります。

 

2枚に絞り込まれた時点でも、最初に選んだカードがあたりの確率は25%のままなんです。

 

意味わかりましたか?

 

ビジネスで、3つの新規事業のプランが考え付いたとします。

しかし予算的に1つしか立ち上げられない。

どれも1長1短で、明確な優位性が見つからない。

会議をしても意見がまとまらないので、しょうがないから

多数決で1つに決めたとします。

 

そんな時に多数決で決まった以外の、1つのプランがどうしても

実現不可能なことがわかりました。

 

という事は、多数決で負けたほうのビジネスプランのほうが、

成功の確率が高いという事になります。

 

こんな理屈当てはまりますかね?

 

もし、選択にまよったときが来たら、こんな話を思い出してみてください。

 

ちなみに、まだ法則の理屈がわからない方は、100枚のカードから選択して、

「はずれ」の98枚を外すと考えるとわかりやすいです。

 

100枚の中から1枚の「あたり」を一発で選択するのは難しいのがわかりますよね。

 

以上です。

中村和彦

中村和彦

投稿者の記事一覧

こんにちは!

モズ 中村です。

最近始めた、自転車でヒルクライムにはまっちゃいました!
苦しくて苦しくて辛い。これが快感!

関連記事

  1. 中国の極端な貧富の差
  2. 熱地テスト、寒地テスト、高地テスト
  3. アメリカのレストラン チップはどうしたら良いの?
  4. 僕は年寄り? 要は気持ちの持ち方次第
  5. 【新宿のビジネスホテル】に潜入してきた!
  6. 無意味じゃない。やれる事から始めよう!
  7. コーヒーブレイク☆~コーヒーってすごいんです~
  8. 中国の生もので大失敗

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業支援システム

新着記事

世論調査

シニアに聞いたキャッシュレス決済について 【東京オリンピック】マラソン・競歩競技の開催地変更について1000人に意識調査してみました。 【東京オリンピック開催】について1000人に意識調査してみました。 【消費税増税】について1000人に意識調査してみました 【平昌オリンピックで印象に残った選手】1000人に調査!

営業・集客ノウハウ

WEB集客の初心者必見!種類別にメリットデメリットを丁寧に解説 【テレアポの極意】成果が出るトークスクリプトの使い方と話し方 コールセンターにCTIシステムを導入する3つのメリット 【ビジネス版】instagramの特徴・基本を徹底解説! 集客が上手くいくアイデア!Wバウンドで楽しく事業展開する方法

Facebook

PAGE TOP