社長・松本

【導入時は気をつけて!】CTIシステムの正しい選び方

最近はCTIの種類が増えて導入しやすくなりました。CTIの種類をご紹介したいと思います。

 

こんにちは!社長の松本です。
モズエンタープライズでもCTIシステムを導入してテレアポを行っていますが、

やはりCTIシステムを導入したら間違いなく便利ですし、電話をかけられる回数も大幅に増えます。

 

でもランニングコスト初期投資のハードルが高く導入に踏み出せない方もいらっしゃいます。

特にこんなハードルを感じるひとが多いです…

 

 

システム化に必要な初期投資とランニングコスト

 

about_cti02

 

CTIシステムを導入する際は以下のコストと得られる効果を比較して検討する必要があります。
・毎月かかる通話料2~3万円にプラスで6000円~2万円のシステム代がかかる
・回線工事が必要
・人数分のパソコンが必要
・5席以上の導入が必要

 

 

こんなCTIシステムがあります

 

CTIシステムって意外とコストがかかるんだなぁと思われた方も多いと思います。

しかし、最近は以上の様なコストをカットしたCTIシステムが開発されています。

それにより導入する人も多くなってきました。

これからCTIの種類をいくつかご紹介したいと思います!選ぶ際に参考にして頂けたらとおもいます。

 

 

○クラウド型CTI

クラウド型CTIは導入時の工事が必要なくなります。

インターネットサーバーが通話を管理するため、固定回線を引っ張ってくる必要がなくなります。

インターネットに繋がればどこでもテレアポができるので、

人数を増やしたり減らしたりオフィスを変えたりするのがとても楽です。

○かけ放題CTI

通話料もシステム代も合わせて定額制のかけ放題になるCTIです。

テレアポはシステム代よりも通話料が多くかかってしまいます。

かけ放題CTIにすると、通話料も大幅に削減することができます。

 

CTIシステムを導入する際は以上の様なCTIシステムがオススメです。

 

モズエンタープライズでは「クラウドCTI」と「かけ放題CTI」が一緒になった

アポ放題」と言うCTIを使っています。

コストカットだけではなく使い勝手もいいのでオススメです。

 

モズエンタープライズはアポ放題を導入して、テレアポにかかるコストが1/5になって驚きました。

 

CTIを導入する際は是非使ってみてください。

 

○月額1万円でテレアポがかけ放題!
アポ放題

 

関連記事

  1. これからのテレアポ業界は携帯でかけ放題?
  2. テレアポのノウハウを伝授!月商1億円販売するトーク術とは
  3. 【法人営業】セミナー集客に困っている人必見!!簡単集客の方法とは…
  4. コールセンターにCTIシステムを導入する3つのメリット
  5. ショップ店員からテレアポ対応のヒントを得る!
  6. テレアポ攻略セミナー大成功!その裏側とセミナーを開いてみて学んだ…
  7. イチローに学ぶ!人が成長するために最も重要なこと!
  8. 法人営業のコツ「事務の方を突破する」スペシャルトークはありますか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業支援システム

新着記事

世論調査

【東京オリンピック】マラソン・競歩競技の開催地変更について1000人に意識調査してみました。 【東京オリンピック開催】について1000人に意識調査してみました。 【消費税増税】について1000人に意識調査してみました 【平昌オリンピックで印象に残った選手】1000人に調査! 【2017年紅白歌合戦】勝敗予想を関東地方の500人に意識調査!

営業・集客ノウハウ

WEB集客の初心者必見!種類別にメリットデメリットを丁寧に解説 【テレアポの極意】成果が出るトークスクリプトの使い方と話し方 コールセンターにCTIシステムを導入する3つのメリット 【ビジネス版】instagramの特徴・基本を徹底解説! 集客が上手くいくアイデア!Wバウンドで楽しく事業展開する方法

Facebook

PAGE TOP